無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

🏷 四 十 一 話 。





〚 莉愛side 〛
赤 谷 莉 愛 。
さとちゃん…!!(ギュッ
桃 瀬 桜 都 。
ごめんな、なかなか会えなくて。(ギュッ





今日は久々に桜都くんのお見舞いにやってきた。





.
赤 谷 莉 愛 。
え…ちょ、桜都くん大丈夫なの?
桃 瀬 桜 都 。
ん?
赤 谷 莉 愛 。
え、待って、やだ…グスッ
桃 瀬 桜 都 。
なに泣いてんだよw
赤 谷 莉 愛 。
聞いてないよ…こんなに……え、グスッ
桃 瀬 桜 都 。
ごめんな、説明してなかった。





久しぶりに会った桜都くんは
鼻にカテーテルをいれていて、腕には点滴。
入院服からちらっと見える足首は
以前よりももっともっと細くなっていた。





.
桃 瀬 桜 都 。
ご飯食べれなくなって。
今は鼻から栄養いれてる。
赤 谷 莉 愛 。
……その前に俺の手料理食べられてよかったね?
桃 瀬 桜 都 。
…あぁ、(ニコッ
赤 谷 莉 愛 。
今日は急にどうしたの?
桃 瀬 桜 都 。
検査すんのに親か配偶者の付き添いが必要らしい。
赤 谷 莉 愛 。
へぇ~、そんな必要あるんだ。
赤 谷 莉 愛 。
まぁ、いいや!
桜都くんに会えたし!
桃 瀬 桜 都 。
さっ、先生も呼んでるし行きますか。





桜都くんは慣れた手つきで車椅子に乗った。





.
桃 瀬 桜 都 。
俺最近リハビリしてんだぜ?w
赤 谷 莉 愛 。
え、すっごいじゃん!
桃 瀬 桜 都 。
お腹の子のためにもな。(ニコッ
赤 谷 莉 愛 。
……ふふっw
桃 瀬 桜 都 。
なーに笑ってんだよw
赤 谷 莉 愛 。
いやぁ、桜都くんすっごい幸せそうw
桃 瀬 桜 都 。
当たり前だろぉ?w
桃 瀬 桜 都 。
悪阻はまだ?
赤 谷 莉 愛 。
もう来てもいい時期らしいんだけど、まだなんだよね、w
桃 瀬 桜 都 。
まぁ、辛くないならそれでいいよ。
さっ早く行こーぜ。





私はこの時、まだ知らない。




















この検査が嫌な結果を引き起こすとは。




















ね く す と ↻