無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第46話

🏷 四 十 三 話 。





〚 莉愛side 〛
次の日。
朝、目が覚めて横を見ると、
桜都くんが苦しそうに寝ていた。





.
赤 谷 莉 愛 。
さとちゃん、汗、拭くね?





寝ているから反応がないのはわかっている。
それでもいつも声をかけながらやってしまう。
声をかけていないともう喋れなくなる気がするから。





.
桃 瀬 桜 都 。
んっ……はぁっ…
赤 谷 莉 愛 。
急に副作用きたね…大丈夫かなぁ……





昨日も抗がん剤いれていたけど
こんな強い副作用は出ていなかった。





.
赤 谷 莉 愛 。
桜都くん…死んじゃ嫌だからねっ…?
眠 未 音 流 。
……赤谷さん。
赤 谷 莉 愛 。
あ…眠未先生、おはようございます、!
眠 未 音 流 。
桃瀬さん、辛そうですね。
赤 谷 莉 愛 。
昨日はこんなことなかったのに…
赤 谷 莉 愛 。
検査結果、出ましたか?
眠 未 音 流 。
はい、出ましたよ。
眠 未 音 流 。
そこ、座ってください。





いつになく真剣な顔をしている眠未先生。
嫌な予感がした。





.
赤 谷 莉 愛 。
あの、桜都くんには………
眠 未 音 流 。
起きるの待ちますか?
赤 谷 莉 愛 。
はいっ…待ちたいです……





ちらっと桜都くんを見ると
うっすらと目を開けてこちらを見ていた。





.
赤 谷 莉 愛 。
桜都くん、おはよう。(ニコッ
桃 瀬 桜 都 。
あ、莉愛……
赤 谷 莉 愛 。
眠未先生きてるから、お話聞こっか。
眠 未 音 流 。
おはようございます、桃瀬さん。(ニコッ





桜都くんのベッドを少しだけ傾け、
眠未先生の方に向き直る。





.
眠 未 音 流 。
……腫瘍が、脳に転移してました。
赤 谷 莉 愛 。
………(え)
桃 瀬 桜 都 。
……そん、な…
眠 未 音 流 。
我々も全力を尽くします。
これからは寝たきりが増えるかと。
桃 瀬 桜 都 。
あと、何ヶ月…?
赤 谷 莉 愛 。
桜都くん……?グスッ
桃 瀬 桜 都 。
生きれるの、何ヶ月ですか、?
眠 未 音 流 。
……頑張れば1ヶ月です。
あとは桃瀬さんの頑張り次第です。
桃 瀬 桜 都 。
莉愛…ごめん………
赤 谷 莉 愛 。
謝らなくていいよ…グスッ
眠 未 音 流 。
桃瀬さん、頑張りましょうね。





この話をされたのが




















桜都くんが亡くなる二日前の事だった_____ .




















ね く す と ↻
ここでさとみくんの死亡フラグたちましたね…
もうこの小説も終わりか…と思ってるそこの貴方…!
" もしかしたら "続編、番外編等あるかも…?