無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

🏷 六 話 。





〚 莉愛side 〛
赤 谷 莉 愛 。
琉唯くん、恋々ちゃん。
今日は付き合わせちゃってごめんね?
黄 羽 琉 唯 。
大丈夫ですよ!
青 橋 恋 々 。
僕たち特に何もやってないからねw





病院での診察を終え、帰ろうとした時、
前から見慣れた2人の影がやってきた。





.
黄 羽 琉 唯 。
……詩流くん!?
青 橋 恋 々 。
七羽ちゃんもいるじゃんっ!?
赤 谷 莉 愛 。
ほんとだ~!
あの二人仲良いよね~!
黄 羽 琉 唯 。
だめ、莉愛、帰る前に売店よろ?
赤 谷 莉 愛 。
え?なんでよ。
俺、詩流たちと話したい!
青 橋 恋 々 。
だめだって!





異様なほど詩流たちの元へ行くことを止めてくる2人
すると次の瞬間、
もっと見慣れた人が影から出てきた。





.
赤 谷 莉 愛 。
……えっ?
桃 瀬 桜 都 。
…………!?





1か月前に突然別れを告げてきた最愛の彼が
目の前に現れた。




















ね く す と ↻