無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

Part36
岩本side

今俺らは何故か手を繋いだ状態で街中を歩いてる


なんかすっげぇ恥ずかしくてふっかに言ってみる
岩本
おい、ふっか
深澤
ん?何?
岩本
何じゃねぇよ。なんで俺ら手繋いでんの?俺こういうの無理なんだけど
深澤
いや、照と俺がはぐれないように!
岩本
俺らはガキじゃねぇんだぞ?あんまり調子乗るな
深澤
はぁ、、手を繋ぐの辞めればいいの?
岩本
まぁな
深澤
じゃあ分かった!

そう言ってふっかはすんなり手を離した

しかし……
深澤
俺の買い物に付き合ってね!




そう言われ着いた先は服屋。
岩本
は、?お前それ買いすぎじゃね?
深澤
ここ安いから大丈夫!服めっちゃ欲しかったからさぁ
岩本
あっそ、、

そう言って会計を済ませて4袋くらいはあんのか…
それを俺に向かって
深澤
照!これ持って!
岩本
はぁあ!?…お前まじで言ってんの?
深澤
手を離す代わり!
岩本
お前殴り飛ばすぞ?
深澤
殴り飛ばしてもいいから持って?
お願い…(上目遣い
岩本
うっ…し、仕方ねぇな…早く貸せ!

可愛いと思ってしまった俺は仕方なく持つことに


沢山の荷物を持った俺なんかどうでもよくマイペースに買い物を進めてくふっかの姿が道を歩いている奴らからは”夫婦”に見えたらしく

ぼそっと 「あの人達夫婦みたいだね!」
「お似合いだなぁ」とか言う声が


俺はイライラを抑えてふっかに着いていく


ふっかの時は夫婦で…阿部と学校行った時はカップル…渡辺の時もなんか言われんのかなぁ…嫌だな……


END







作者から

いわふかって夫婦だよな!と思った主の…←