無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

Part32
阿部side

俺も照も風呂に入り終わって、色々終わらせて後は寝るだけになった
岩本
今日って何曜日だっけか…
阿部
今日は木曜日だよー
岩本
あー、サンキュー
阿部
いえいえ
岩本
あ、そうだ。お前は俺の部屋で寝ろ
阿部
えっ、なんで?
岩本
俺の母親のベッドで寝かすのも抵抗あるし、それ以外にベッドあんの俺の部屋だけだから。
阿部
あ、そんな気遣わなくていいよ!俺ソファーで寝るから!
岩本
いや、絶対にベッドで寝ろ。俺がソファーで寝る。
阿部
えぇ…そこまで言うなら……
岩本
ん。…寝る場所決まったけどお前まだ寝ねぇの?
阿部
俺はまだいいかな。照は?
岩本
俺は眠いから寝るわ。お前も早いうちに寝ろよ
阿部
分かった、おやすみ
岩本


照はあっという間に眠りについちゃって、俺も照の寝顔を少し見たあとに照の部屋に行き寝ることにした


END