無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

Part33
岩本side


朝早めに起きて、阿部の朝ごはんを作ることにした


岩本
よし…できた

そうぼそっと呟いて、パジャマから制服に着替える

今日は学校に行こうと思って。

最近思うようになったんだよ。案外学校は悪くねぇなって。 中学の頃は喧嘩ばっかりだったけど勉強楽しいな。とか、阿部のダチもよく分かんねぇけど面白いやついるし


制服に着替え終わり阿部を起こしに行く
岩本
おい、阿部。起きろよ
阿部
んー、、、
岩本
聞こえねぇのか?起きろつってんだよ
阿部
ん…あ、照おはよ……
岩本
朝ごはん作ったから着替えたら食えよ
阿部
ありがとぉ


俺は部屋を出て、リビングでスマホを弄っていると
阿部
照おはよ!朝ごはん食べていい?
岩本
阿部
いただきます!

俺がスマホに目を向けていると阿部が
阿部
照って本当に格好がチャラいよね笑
岩本
はぁ?どうした。急に
阿部
いやさ、ピアスしてるし制服も着崩してるしで、俺とは全然違うな〜って
岩本
阿部が逆にきっちりしすぎなんだよ
第1ボタンまで閉める必要なくね?
阿部
まぁ俺はこれが落ち着くからね笑
岩本
なら、俺もこれが落ち着くからな笑
阿部
そうだね

のんびり雑談をしていると
阿部
ご馳走様!美味しかったよ!
岩本
おう

その後、俺は食器を洗い歯磨きも済ませソファーでゆっくりしてると阿部がまた話しかけてきた
阿部
そういえば照ご飯食べなかったんだね
岩本
あんまり腹減ってなかったから。
阿部
そっか
岩本
そろそろ時間だし学校行こうぜ
阿部
うん!

俺らは家を出て学校に向かった


END







作者から

岩本さんって真面目な不良?(?)