無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

Part27
阿部side

そして、俺らは大きな声でこんな会話をした

阿部
ねぇ、これ見て!!!
翔太
ん?何それ!
阿部
ボイスレコーダーなんだけどさ〜
翔太
おもしろそっ!ふっかと岩本も来いよ
岩本
ん、なんだよそれ笑
深澤
ボイスレコーダー…だっけ?

大きな声で会話してたから、クラスの奴らの視線は感じた。あの男達もこっちを見てる
阿部
こんなの録音したから聞いて欲しい!
翔太
どれどれ

俺は爆音であの男と女の会話を流した
深澤
えっ!照の悪口じゃん!笑
岩本
誰だよ、こんなこと言ったやつ。
翔太
ん?誰だろうな〜!
えっ……?なんで…
えっ……
深澤
声的にあの二人じゃない??

そう言ってふっかは男と女を指さす
は?何言ってんだよ!
翔太
なんでそんなに怒ってんの?
俺じゃないのに疑われてるから
岩本
いやさ、とぼけんなよ。
阿部と渡辺と深澤は、お前らが犯人だってこと知ってるしお前らはデマ流しといて疑われたらキレる?都合が良すぎんだよ!!
照の怒鳴り声が教室中に響く。


男と女は怖がっている様子で、謝ってきた
ご、ごめんなさい…でも私は悪くないわ!全部あの男が悪いの!
は??何言ってんだよ!お前も岩本の悪口言ってたじゃん!
岩本
朝からうるせぇなぁ…2人とも悪いんだから黙っとけよ。
翔太
まぁ、岩本に悪口言うのが間違ってたな!
これを聞いていた先生が一言言った
先生
2人は職員室に来なさい。
…………
ッチ……

そうして、2人は先生と一緒に職員室に行った


そうして
岩本
はぁー、スッキリしたァ!
照は心の底から笑っているように感じた

初めて見たなぁ…照がこんな笑顔なの


なんか、俺もスッキリしたし良かったなぁ


END