無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

Part30
阿部side

俺は荷物を持って照の家に向かった



ピーンポーン

岩本
ん、荷物持つわ
阿部
え?いいの?ありがとう!
岩本
気にすんな

またリビングに行くと美味しそうな匂いが
阿部
めっちゃいい匂い!
岩本
あー、ご飯作ってたから。
阿部
照料理できるんだ〜
岩本
まぁな
阿部
なんかできなそうなイメージだった笑
岩本
うるせぇよ笑

こうして照が作った晩御飯を二人で食べた















そして
岩本
お前って湯船浸かりたいやつ?
阿部
んー、まぁ普段は入るけど…
岩本
じゃあ風呂沸かしとくから少し待ってろよ
阿部
まじで?ありがとう!

こうして照が風呂場に行った。

それと共に俺は少し気になった






照はなんであんなに自分の部屋に入られるの拒否したんだろ…ってね。めっちゃ気になる

ってことで照の部屋に行ってみようと思う






照の部屋を探してみると。

阿部
ここかな?


部屋を開けるとそこは…
阿部
えっ…照……


俺は思わず驚愕してしまった



END







作者から

皆さん何だと思います?←