無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

Part12
岩本side

次の日

俺は仕方なく学校に行くことにした。



扉を開けるとどうやら遅刻だったらしくクラスメイト全員がこっちを見てくる
翔太
あ、岩本おはよ!昨日はありがとな〜
岩本
ん。気にすんな。

俺は椅子に座ると外の景色を眺める

授業なんてだりぃことはしたくねぇから








俺っていつからこんなグレてたんだっけか。

両親の離婚が原因だったのは確か。







ずーっと、このことが頭を離れない。

なんなんだろうな

END