無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

Part8
翔太side

俺は授業中に酷い頭痛、吐き気に悩まされ
保健室に行くことにした。保健室とか岩本照がいるところじゃん……

嫌だなぁ

ガラガラッ
翔太
失礼します…ゲホゲホッ

見た感じ先生はいなそうだった
翔太
はぁ…?先生いないのかよ……
岩本
いねぇよ。
翔太
うわっっ!!…びっくりしたぁ……
岩本
うるせぇな、俺は寝たいんだから静かにしろよ。
翔太
なら、ビックリさせるようなことすんなよ……ゲホゲホッ
岩本
ん。
俺が咳をすると岩本がこっちに来た
翔太
な、なんだよ
岩本
お前、体温計で熱あるかどうか調べろ
翔太
岩本
とっとと動けよ。体温計で自分の体温測れって言ってんだよ!
翔太
はいはい……

岩本といると疲れるなぁとか思いつつ体温計で測る

ピピピッ

体温計が鳴ると岩本は強引に取ってきた
翔太
痛っ……で、、何度なんだよ……
岩本
38.5…早退か休むかなんかしろ。
翔太
はぁ……そんな熱あったのか…ゲホゲホ
岩本
で、どうすんだよ
翔太
早退……するわ…
岩本
はいはい、じゃあ俺が荷物持ってきてやるから。で、お前の名前なんだよ
翔太
渡辺……翔太…
岩本
分かった。なら休んどけよ。

そう言って照は保健室を後にした。


案外優しいやつなんだな……

END