無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第31話

31
ー中条side




あんなに愛されるあなたがこんなことになってるとは…




本当にびっくりした




結構ニュースとかで新メンバーは聞いてたけどそんな子だったとはな…




私の可愛いあなたが可哀想すぎる…




とか思ってたら




齋藤「いやね?私はやってない!て言ってんのにあいつが♪¥$3%¥°*+<〒〆\:~」




あなたが酔ってました




しかも後半何喋ってるか分からないし‪w




齋藤「ねぇー、あやみ聞いてるんー?」




『いや、その前に飲みすぎだし、その話聞いた()』




齋藤「えー笑またまたー‪wでねー」




ご覧の通りあなたは酔うとめんどいです()




でもそんな所も可愛い(あなた大好きマン…)




『ねぇ、帰るよー』




齋藤「まだ飲むのー」




『ダメだって‪w』




??「あれ?あなたと中条さん?」




『はい?』




おぉ、スゴい人に会った




┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈