無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

15
ー齋藤side




1回楽屋に帰ろうとしたら聞いたことのある声がした




そしたらしょうれんで、私を信じてくれた




でも、私達のせいやのにキンプリに迷惑掛けたくない




だから楽屋入っちゃった笑




『もう、しょうれんは帰ってええよ』




平野「で、でも!」




『紫耀、お願い永瀬も』




永瀬「辛くなったら俺らんとこ来いよ?」




『永瀬無駄にかっこええな笑』




平野「無駄にって‪w‪w」




長尾「あの、」




え、長尾…




長尾「話なら外でやってくれません?」




平野「え?」




はぁ、やっぱり




『紫耀、永瀬、私達はもう元には戻らないみたいや笑』



┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈