無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第41話

41
ー道枝side




齋藤「今更メンバーずらせんで」




齋藤「もう心配なんていらへんから」




齋藤「あんなことする人メンバーやと思えんし」




齋藤「これから歌ったり踊ったりするけど」




齋藤「あんたらに合わせるつもり一切あらへんから」




そう言って去っていったあなた




そして呆然と突っ立ってる俺…




もうこんなグループ嫌やねん




俺、ホンマはどっちも信じへんねん




でも皆まなかさんの味方になったから俺も着いてったんや




俺、最低やろ…笑




でも、皆今までの笑顔がない…




前まで楽屋の外まで声が響いてたのに今では静かすぎるんや




こんなんなにわ男子やない




もう息苦しかった




『もう我慢出来ひん…』




そう言ってある人に電話した




「おっ!みっちーから電話なんて珍しいな!」




「俺嬉しいで!」




『うぅぅ…泣』




「え!?俺なんかした!?」




『康二くん…泣』




向井「どうしたん?」




『助けてください泣』




向井「わ、分かった!今どこおるん?」




┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈