無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第24話

24
ー齋藤side




WESTの楽屋に長居する訳にはいかんし、




もうすぐ出番も来てしまう




『ほな、行ってくるわ』




小瀧「大丈夫なん…?」




『なんかあったら助け呼ぶわ‪w』




『ほなまたなー』





























河合「続いてはなにわ男子ー!」




なにわ男子「よろしくお願いしますー」




河合「今日はダイヤモンドスマイルを披露してくれるんでしょー?」




西畑「そうなんすよ〜」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




河合「それではスタンバイお願いします」




やばい、ちゃんと笑えとったかな…?



河合「それでは行きましょう
なにわ男子で、ダイヤモンドスマイル」




アカンアカン!!スマイルやスマイル!




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




大橋「プラチナのジェットに乗って〜🎶」




ドンッ




『ッタ…え、?』




私の後ろって大吾やったよね…




もしかして、大吾なん…?




ダメダメ!ここはステージ




うちの女優魂や!!()




藤原「気まぐれな奇跡に酔って〜🎶」




西齋「瞬きが終わる頃僕だけの君でいてね〜🎶」




飯島「1秒先ももっと"もっと"もっと"輝く"⤴︎()」




え、めっちゃ音痴やん( ˙-˙ )




なにわ男子「愛しちゃって〜x3いいんじゃないか🎶」




『永遠にひらめけ〜〜🎶』




うん。




今日もうちはいい声()




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




河合「なにわ男子ありがとうございましたー!」




河合「てか、あなた大丈夫だった?‪w」




『大丈夫です!多分やけど』




河合「え!」




『嘘です嘘です‪w』




河合「もう怖い!」




皆『笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑』




河合「じゃあもう行きますよー笑ジャニーズWESTでーす!」




嘘、




めちゃくそ痛てぇ()




┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

作者英語ムリなんで、英語の部分の歌詞飛ばしちゃったけどいいよね!()