無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第40話

40
ー齋藤side




今の状況を教えますとね




道枝が外で待ってるんですよ!




うぬぼれやったら嫌やし




スルーしとこ




道枝「…な、なぁ!」




え、うちなん!?




『……なに?』




道枝「あ、いや、その…」




『何もないなら帰るで』




道枝「待って!」




『ん?』




道枝「その…ゴニョゴニョ」




いや、聞こえへんねん()




『何?ゴニョゴニョ言ってて聞こえん』




道枝「足大丈夫ですか!!」




おぉ、急やな、しかも結構な声で




『なんで?』




道枝「やって、今日の収録で転んどったから…」




『…転んどった…?』




道枝「…はい、」




『道枝、』




道枝「?」




『うちはな、転んだんじゃなくて、転ばせられたんや〝メンバー〟に』




道枝「…」




『はぁ、大西にも言ったけどさ、』




『今更メンバーずらせんで』




『もう、心配なんていらへんから』




『あんなことする人メンバーやと思えんし』




『これから歌ったり踊ったりするけど』




『あんたらに合わせるつもり一切あらへんから』




┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈