無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第21話

21
ー齋藤side




河合「さぁ!なにわ男子の新メンバー飯島まなかちゃん!」




飯島「はぁい♡」




ファン「ザワザワ」




お客さんがザワザワしとる




まぁそうよなぶりっ子やもん( ˙-˙ )




河合「え、えっと、初めての少クラなので頑張ってくださいね」




飯島「頑張りまぁす♡」




おいおい‪w司会の河合君を困らすんじゃないよ‪w




河合「じゃあKing&Princeお願いしまーす!」




ここで私達は一旦はける




メンバーと一緒に居たくないからWESTと一緒に行こうとしたけど




高橋「いや、なんなんその衣装‪w‪w」




大橋「ダッサ‪w」




重岡「は?お前ら何言うてん」




大西「重岡君には関係ないです」




飯島「てか、披露するのダイヤモンドスマイルなんだけど‪w」‪




道枝「なにわ男子を汚さないでくれへん?」




WESTもいるのによくそんなことが言えるなぁ




WESTオロオロしとるし




西畑「なぁ、バカにしとんの?」




『は?』




何故か分からんけど頭のどこかの血管が切れたみたいや(?)




『じゃあ言わせてや皆うちの事嫌いなんやろ?じゃあ構うなや!あとさ、散々衣装でバカにしとるけどさやったのあんたらやろ?うちの衣装ズタボロにして、今WESTもいんのにお構い無し、ちょっとは考えろや!』




『ほんとに今のメンバーは大っ嫌いや…』




本当は大好きなのに、、




本当はずっと笑ってたいのに、、




なんでこんなことになるん?









濵田「あなた、行くで」




『うん、』




藤井「…見損なったわ」




『いいんよ流星君』




私達はそう話しながら後ろを振り向かずに歩いていった




┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈