無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第34話

34
ー齋藤side




言ってもいいんかな…?




やけど大先輩やし、




尊敬しとる人達やし、




『……』




松本「え、もしかして気使ってる?」




『いや、私が気使ってるわけないやないですか‪w』




松本「いや、いつも使ってないから分かりやすいんだよ()」




『それはそれで傷つきますよ()』




櫻井「もー、そんな溜めないで言っちゃえば?笑」




相葉「そうだよ笑」




嵐さん、、優しすぎます…!!




『分かりました…話しますよ…』




はぁ、また話しちゃった、




口軽いんかな笑




嵐「……」




『笑、やっぱそうなりますよね…』




二宮「西畑のやつ、もうメールも電話もしてやんねぇ()」




大野「いいグループだと思ってたんだけどな」




相葉「なんか、残念だね、、」




櫻井「あなたもそういう事は必ず言うこと!」




『はい…』




なんか同じような事あやみにも言われたような…?




松本「でもなんで急に女の子を入れたんだろうね」




『私も気になります…』




大野「あなたみたいな過去があったような子じゃないでしょ?」




『そうですね、、』




私の過去か、、




┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈