無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7
ー齋藤side




『どうしたん?ここに連れて来て』




飯島「…………」




『まさか、緊張しとるとか?』




飯島「…………」




『いや、どうしたん?』(肩を触ろうとする)




飯島「汚ぇ手で触んな」





『…………は?』




飯島「てかさ、あんた邪魔なんだよね」




『邪魔とは?()』




飯島「いや、わかんないの?笑ジャニーズやめろって言ってんの」




『分かった…』




飯島「ふふっ、よかっ『とか言うわけないやん笑』は?」




『じゃあ私が辞めたらどうするん?』




飯島「私がジャニーズの紅一点になるの」




『笑笑笑笑笑笑』




飯島「何笑ってんの?」




『いや‪wやって‪w自分の事しか考えてへんやん‪w』




飯島「は?バカにしてんの?」




『アイドルの仕事って知っとる?‪wファンを幸せにするんやで?‪wなのに自分が紅一点になるとか‪w』




飯島「チッ…」(パチン)




『ッタ…メンバーに平手打ちですか』




飯島「後で後悔すんなよ?」




おぉ、こわーい(棒)




┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈