無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第20話

20
ー齋藤side




ステージに向かうともうメンバー全員きていて、ニヤニヤにながらうちを見ていた




隣にはジャニーズWESTもいて、うちを見てびっくりしていた




まぁびっくりするよな‪w




そしてメンバーと一歩離れたところにスタンバイした




神山「あなたどうしたん?」




神ちゃん!すぐ声掛けてくれるところ好き()




『衣装がどっか行っちゃって‪w』




中間「本当に?」




『うん、』




桐山「終わって楽屋おいで」




『ありがとう照史君』




やっぱジャニストは優しいな、でもうるさいけど




あ、本番だ




スタッフ「それでは本番行きまぁす!3・2・1…」




┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈