無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第27話

27
ー齋藤side




『あやみ〜…』




中条「えぇぇどうしたの?」




少クラの後あやみと出かけるの忘れてた笑




飯島「面倒くさ(小声)」




あ、まなかちゃん帰っていった




中条「ほんとにどうしたの?ずっと待ってたのに来ないから私から来ちゃったよ笑」




『じゃあ、ご飯食べ行こ』




中条「え、うん、でも濡れてんじゃん」




『大丈夫、着替えあるから』




『じゃあ待ってて』




マジで忘れてた笑ごめんねーあやみ









ー楽屋




ふぅ、誰もいませんように!




ガチャ




パチパチ




おっと、目合っちゃった()




┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈