無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第18話

18
ー齋藤side




もうあの楽屋には行きたくない




やから、キンプリの楽屋に行かせてもらった




『久しぶりー』




岸『え、え、あなた久しぶり!』




神宮寺『久しぶりー!』




髙橋「やっほー!」




普通に話し掛けてくれるだけなのになんでこんなに嬉しんやろ




『ズズッ…泣』




髙橋「え、俺らなんかした!?」




神宮寺『岸!あなたを笑わせて!』




岸『え!?…は、入りましたァ!!』(足をつる)




何してるん笑泣




『(笑い泣き)』









永瀬と紫耀が私の代わりに今までの事を話してくれた




そしたら




岸「そ、そんな…」




神宮寺「その女許さねぇ」




髙橋「大丈夫だった?」




キンプリ…




君らはなんでそんなに優しいんや!()




『みんな、ホンマにありがとう』




永瀬「当たり前や」




平野「ちゃんとあなたのことを信じる人いるんだからね?」




永瀬…紫耀…もうありがとう!!!!!()




岸「ねぇ、もうすぐ本番だよ…」




平野「あなた、行ける?」




『当たり前や』




メンバーは信じてくれなくても信じてくれる人はおる




それを信じて私はメイク室に向かった


┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈