無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

14
ー平野side




西畑「廉と紫耀やん!」




永瀬「よ!」




『やっほー』




西畑「あ、中入り?」




『失礼しまーす』




ん?見たことない子がいるぞ!☆()




永瀬「それ誰なん?」




藤原「新メンバーやでー」




永瀬「あー、きみが?」




飯島「はぁい♡飯島まなかって言います♡」




えー、何この子、可愛くなーい()




廉引いてるし笑




『なぁ、さっきあなたが走って行ったんやけどなんかあった?』




すると急に廉以外全員の顔が曇った




『え、どうしたの?』




高橋「聞いてくださいよ、あなたまなかちゃんに暴力振るったんですよ?」




永瀬「なわけないやろ笑」




『どういうこと?』




飯島「……これ、聞いてください、」




『なんではいってきたん?』


「え、なんでって言われても…」


『チッ、今からでも遅くないから辞めてくんない?』


「そんな、、出来ないよ…」


『いいからやめろよ!ボコッボコッボコッ』




え、みんなこれ聞いて飯島さん?のこと信じたの?




大西「なぁ、酷くない?」




永瀬「…あぁ、確かにひどい」




飯島「ですよね」




永瀬「あなたのこと信じないお前らがな」




全員「え?」




よかった、廉も同じこと思ってたんだ!




大橋「え、なんでなん?」




『え、逆に気づかないの?よくボイスレコーダー聞いた?途中から標準語になってたよね?』




なにわ男子「あ、、」




飯島「で、でも私殴られたんですよ?ほら!アザだってあります!」




永瀬「自分でやったって事も有り得るやろ?」




道枝「で、でも」




『あなたのこと考えてみ』




『ずっと一緒にいたのにそんな奴の事信じるんだよ?』




ガチャ




『え、あなた?』




齋藤「もういいよ…しょうれんがそこまでしなくても」




永瀬「そうやけど!」




齋藤「これは私達の問題なんやから」




あなた……分かってるよ?




本当は苦しいんでしょ?




いい加減素直になってよ…


┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈