無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第33話

33
ー齋藤side




『あ、あのなんでいるんですか?』




櫻井「あー、さっき番組の撮影が終わって暇だったから皆で飲みに来たって感じかな笑」




やっぱさ、こんなところで会うなんて




運命なのかな()




相葉「あなたはどうしたの?」




『うちはですね、少クラが、終わった後にあやみと飲みに来たって感じです笑』




松本「でもさぁー」




『はい!なんでしょう!松本様!!()』




二宮「いや、なんでさっきから様ずけなの?笑」




『、、尊いからです()』




二宮「……()」




松本「ねぇ話ズレてる笑」




『あ、なんでしょうか!』




大野「あなたってMJのファンって言うよりMJの奴隷ぽい(小声)」




櫻井「なんか分かる笑(小声)」




松本「あなたってお酒弱いし自分から飲もうとしないよね(スルー)」




『まぁ、そうですね』




松本「なんかあった?」




相葉「分かった!!!()」




『え、』




相葉「新メンバーの子でしょ!」




相葉君…なぜ当てちゃうんですか!!()




二宮「え、当てちゃった?‪w」




『えぇ、まぁ、』




松本「で?どうしたの?」




┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈