無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

22
ー大橋side




齋藤「ほんとに今のメンバーは大っ嫌いや…」




正直悲しくなった




やって何かを訴えようとする瞳




かすれてる声




そんなあなた初めて見た…




もう、分からへんよ……




もし、ほんとにあなたがやってないとしたら…




そんなんやったら俺最低やん笑




ほんとに分からへん




┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈