無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3
ー齋藤side




いつも通り




西畑「まいどジャーニー?」




なにわ男子「スタート!!」




まいジャニの収録もして




『おつかれカツカレー』




大橋「あなた!そんなん言わんでぇな!お腹空くやろ!()」




藤原「うっさいねん!」




『そうやではっすん!』




大橋「え!?俺のせいなん!?」




道枝「大橋君うるさいですよぉ…」(寝てた)




『あーぁ、はっすんのせいで可愛いみっちーが起きちゃった』




大橋「え!?俺のせいなん!?」(デジャブ)




大西「あなたちゃんはみっちーがええん?キュルン」




『おおにっちゃんも大好きやでー!』




大西「んふふ」




西畑「俺のおおにっちゃんや!」




『大吾のやないわ。なぁ?流星?』




大西「僕はあなたちゃんがええな」




西畑「そ、そんな」




『フッ笑』




『てか、いつまで鏡見てんねん!恭平!』



高橋「自分がイケメンになるまでっす!まぁ、もうイケメンなんすけどね☆」




『……』





長尾「あ!あなたちゃん!買ってきましたよ!」




『お!ありがとうな!』




長尾「いえ!タピオカと言えば僕なんで!」




『じょ、女子力が…』




藤原「ゴリラも見習わないといけへんな」




『お前が言うなやカッパ!!()』




藤原「か、カッパ!?」














カメラが回ってないところでも




ボケてはツッコんでで




すごくうるさいし、疲れるけど




今思うとそれが〝幸せ〟だったんや


┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈