無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第46話

46
ー齋藤side




ピンポーン




『はーい』




ガチャ




『あれ?みっちーだけやん、ジーコは?』




道枝「なんか、「ママが迎え来てくれるー!」って帰っちゃいました…」




『笑、まぁええわ上がり?』




道枝「はい!」




絶対ジーコ仕組んだやろ‪w




バレバレやで‪w




まぁありがとう!




『てか、みっちー目めっちゃ腫れとるやん』




道枝「えっと、これは…」




『もー、風呂行ってき!』




道枝「え、いいん?」




『おん』




道枝「じゃ、お言葉に甘えて」




今の時刻はー?




am3︰00




マジかー




明日せっかくのoffやのに…




まぁ今気分ええからええわ()




道枝「上がりましたー」




『ほーい』




そして、




この後、




一緒のベットに寝る

















































なーんて、




ドキドキすることも無く()




私はソファーで




みっちーはベットで寝ましたとさ




齋藤(なんで先輩で家主のうちがソファーなん?)




┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈