無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第45話

45
ー齋藤side




『え、なんで…』




さっきめっちゃ酷いこと言ったし、




LINEもブロックされとるし




なんで電話するん?




道枝「あの、言いたいことがあって…」




『うちは、道枝に言うことなんてあらへん』




向井「もー、そんな〝道枝〟やなくて〝みっちー〟って呼んで上げてや‪w」




『ジーコは黙って!』




向井「へい」




道枝「あなたちゃん…ごめんなさい!泣」




へ?




『え、ちょ、どうしたん?』




道枝「僕はあなたちゃんを信じます泣」




道枝「あなたちゃんが僕を嫌いでも、メンバーと思ってなくても泣」




道枝「僕はあなたちゃんの事好きやし泣」




道枝「メンバーって思っとる泣」




道枝…いや…




『みっちー?』




道枝「!!はい!」




『うちはな?メンバーだけやない、』




『ジャニーズみんなを嫌いになったこともあらへんし』




『ずっとメンバーって思っとくつもりやったで』




道枝「うぅぅ…泣あなたちゃぁぁぁん泣」




『なんやねん‪w』




道枝「ごめんなさい泣」




『いいえ、ありがとうな』




向井「うぅぅ泣()」




道枝「なんで康二くんが泣いてんすかぁ泣」




『2人とも泣きやめ‪wてか、なんでジーコも泣くん‪w』




向井「やってぇ泣」




向井「寒くて目が乾いてしもたんやもん()」




『はぁ?なんやねん‪wてか、まだ外おんの!?』




道枝「はい…」




『絶対二人とも電車やろ?』




「…」




『うわ、終電過ぎたわ』




向井「やから、泊めて?」




『みっちーはええけどジーコはやや』




道枝「ホンマですか!?」




向井「ええええ、」




『嘘嘘‪wジーコもええで‪w』




向井「よっしゃ」




『でも泊まる代わりに明日病院連れてけよ?2人とも』




「はい…」




『じゃ、また後でー』




みっちー…ありがとうな泣




もー、なんで涙が出るん泣




やけどこれは




嬉し涙や




┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

ごめん




ジーコを入れたかったんじゃ!((