無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第32話

32
ー中条side




『嵐さん…』




齋藤「嵐ー?外には綺麗な星がたぁーくさんありますけどー?」(見えてない)




櫻井「うわぁー酔ってんね‪w」




『そうなんですよ笑』




大野「わぁ、すごい空き瓶の数()」




相葉「え、そこ!?笑」




齋藤「うるさいよーあやm(ええぇ!!」




齋藤「あ、あ、嵐さん…」




二宮「酔いが冷めましたか」




齋藤「よ、酔ってましたか、、?」




松本「うん、バリバリ酔ってた」




齋藤「MJ様()なんとお見苦しい所を…」




『ほんとだよ‪w』




プルルプルル




齋藤「私やないよー」




『あ、私だ』




マネ「あやみ!仕事入ったから急いで来て!」




『え、今更言われても…』




マネ「お願いね!」




ブチッ




『あなたごめん仕事入っちゃった』




齋藤「えー、」




松本「いいよいいよ俺らが見とくから」




『あ、ほんとですか!!??』




櫻井「俺らは大丈夫だよー」




齋藤「私は子供なんかな…?」




『いいじゃん嵐さんと一緒にいるんだよ?』




齋藤「あ、(察し)」




二宮「うわぁー絶対俺らじゃなくてMJだけのこと考えてたよ」




齋藤「えへへ」




『じゃああなたまたね』




齋藤「バイバーいニコニコ」




何あの幸せそうな顔()




『ではまた』




嵐「あなたのことありがとうねー」




面倒見のいい先輩がいて良かったねあなた笑




┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈