第68話

3代目 岩田剛典ver5
1,314
2020/03/10 13:23
あなた

うわぁ!
雲ひとつないね。

外に出るとあなたは空を見上げて、背伸びをした。
岩田剛典
岩田剛典
1時間くらい時間あるから、どこ行く?
あなた

んー。
どこがいいかな…。

岩田剛典
岩田剛典
行きたい場所ないの?
あなた

んー。

あなたは腕を組んで悩み出した。
岩田剛典
岩田剛典
じゃ、俺に任せてくれる?
あなた

うん!
任せた。

岩田剛典
岩田剛典
よし、行くぞ!
俺はあなたの手を取り歩き出した。
あなた

ちょ!
岩ちゃん!

岩田剛典
岩田剛典
何?
あなた

バレたらまずいって!

岩田剛典
岩田剛典
バレたらだろ?
気にし過ぎじゃない?
あなた

……。

岩田剛典
岩田剛典
ん?
俺はあなたの顔を覗き込んだ。
あなた

その笑顔マジムカつく…。

岩田剛典
岩田剛典
はい、はい。
俺は気にせず、手を繋いだまま歩き出した。

その後は2人でショッピングして、今は歩きながらテイクアウトしたコーヒーを歩きながら飲んでる。
あなた

ここ川なんかあったんだね。

普段通らない道に川を見つけ、橋の上からあなたは魚が居ないか見ていた。

俺も隣に立ち川を見ていた。
あなた

岩ちゃんさ…。
結婚とか考えてる?

いきなりの質問に少しむせた。
岩田剛典
岩田剛典
いきなり何?!
咳き込みながらあなたを見ると、遠くを見たまま話し出した。
あなた

いつかはさ。恋人作って結婚するのかなって。

岩田剛典
岩田剛典
するんじゃない?
あなた

でも、なかなか出来ないし。
好きって気持ちなんだろう?って最近思うんだよね。

岩田剛典
岩田剛典
深いなw
あなた

仲間の好きと恋愛の好きは違うわけじゃん?
憧れと好きも違うわけで。
恋愛の好きってなんだろう?って。

岩田剛典
岩田剛典
んー。
恋愛の好きはさ。
あぁ。触りたいとかキスしたい。とかじゃない?
あなた

なるほど…。
恋愛って難しいねw

岩田剛典
岩田剛典
そうか?
俺はあなたへの好きは恋愛の好きだけど。
あなた

はい?

あなたは驚いた顔で俺の顔を見てきた。

俺はそのまま固まってるあなたにキスをした。
岩田剛典
岩田剛典
そろそろ戻るか。
打ち合わせの時間になるし。
俺は残りのコーヒーを一気に飲むと先に歩き出した。

プリ小説オーディオドラマ