無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

108
2021/11/14

第31話

31
あなた「大介、ここで待ってて」


佐「ん……」






ジ「久しぶり、」



あなた「ん…久しぶりだね、ジェシー」



ジ「I wish we met at a different time. Everything was right except the timing.
(違う時期に出会ってたらって思う。タイミング以外は全てが合ってたのに。)」



あなた「You deserve to be with someone who brings out the best in you.
ジェシーのよさを引き出してくれる人がふさわしいよ。」


ジ「あなた、steadyを見つけたんだね」


あなた「大介は……"the one"」



佐「??」



ジ「よかったじゃん、さっくん」



佐「え、何が?w」



あなた「行こ?大介」







佐「さっき何話してたの?」



あなた「んー…秘密だよ」



佐「……えー…なんかやだ」



あなた「the one、たった1人の…やっぱり教えない」


佐「え、何w教えてよ」



あなた「自分で考えてー」





佐「ねー、あなたのタトゥは何で右側だけなの?」


あなた「……何でだろうね、忘れた」




右脚、右肩…

あなたの白い肌に映えるタトゥ

意味が無いはずがない


他のENVYのメンバーとお揃いというわけではない






亨「って、俺に聞かれてもw」



佐「あなたの、元カレって誰ですか??」


亨「…それはあなたに聞いた方がいいよ、」



佐「……教えてくれないから」



亨「んーまぁ言いたくないのかもしれないから、やっぱりあなたに聞いて」


佐「……」


亨「1つヒント、

その人は、左足にあなたと同じタトゥがあるよ。」


佐「…やっぱり…」



亨「佐久間くんが、会うことは…あんまりないかもね」



佐「芸能人とかじゃないってことですか?」



亨「…いや、俺らと同じ音楽の仕事してる人だよ」



佐「……そうですか」


亨「今は、佐久間くんが恋人なんだから不安に思うことないって」



佐「……」