無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

135
2021/11/16

第32話

32
翔「今日ラジオ収録終わったらみんなで飯行かない?」


佐「いいね!」


蓮「いいね、行こー!」




佐「何食べるー?」



蓮「んー、ラーメンとか」



翔「ラーメンとか久しぶり、どこかいいとこあるかな近くに」



(この後どうする?)



(んー…なんか食って帰る?
あ、)



佐「…?」



(佐久間くん?)


佐「はい…」



(…いや、なんでもない
あなたによろしくね)


佐「…!」



一瞬、サングラスを外した素顔

身長や体型

俺に似てる




CHANELのALLURE

あなたと同じ香水


パンツスタイルだから足元は見えないけど


絶対この人だ





翔「さっきの人、何かあるの?」


佐「…んー」



蓮「あなたさんの元カレとか?」


佐「…多分ね」


翔「佐久間と似てたね」



蓮「あなたさんって、小さい、可愛いって感じの人が好きなのかな」


翔「だね、…チラ」



佐「チラ見するんじゃないよw」




帰り道、本屋に寄って音楽雑誌の方に行ってみた

やっぱりさっきの人だ

ライブの写真の1枚に足元が見えたのがあった


あなたと同じタトゥ

佐「Takaさん…」








あなた「おかえりー」



佐「ただいま…」



あなた「??ご飯食べる?」



佐「ううん……ラーメン食べてきた、翔太たちと」


あなた「?なんかあった?」


佐「…何でもないよ…ギュ」



あなた「…大介、」



佐「…今日、Takaさんって人に会ったよ?
あなたによろしくって言われたけど」



あなた「あいつ……勘違いしないで、元カレとかじゃないから」


佐「…じゃあどんな関係なの…ムス」


あなた「貴之は、私の弟。血は繋がってないけど」



佐「でもあなたって言ってたし、亨さんが…」



あなた「…亨がなんて?」


佐「あなたの元カレの左足に同じタトゥがあるって」



あなた「……あいつ余計なこと…ブツブツ」



佐「ギュ…ねぇ、ほんとにあの人じゃない?」



あなた「私のタトゥは、誰とも合わせてないよ」


佐「……ほんと?」



あなた「貴之はシスコンなの。あいつが私と同じにしたくて勝手にやっただけだから」


佐「……ギュ」



あなた「…そんな心配しなくていいよ、私ほんとモテないし」



佐「んなわけないじゃん。」



あなた「心配なら、貴之に会わせるから」



佐「…うん…」