無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

106
2021/11/26

第35話

35

「どんな異性がタイプですか?」




あなた「んー私とは正反対の人かな」



「具体的には?」



あなた「正確には私に無いものを持ってる人に惹かれがちかな、いつもニコニコしてるとか人に優しいとか」



「あなたさんも優しい印象ありますけどね、今日もスタッフ全員に差し入れくれたし」


あなた「ま、私暗いやつだからさ明るい人に惹かれるかも」



「見た目は?イケメンが好きですよね?やっぱり」



あなた「何がやっぱりなの?w」



「背が高い人がいいとかマッチョがいいとかあるじゃないですかー」



あなた「何今日、めっちゃ聞いてくるねw」



「あなたさん文春砲はだめですよ、気をつけて下さいね」



あなた「あ、はいw」









「亨さんはどんな異性がタイプですか?」



亨「あなた、10年前の。って書いといて」



「ガチで付き合ってたこととかないんですか?」


亨「無いね、よく聞かれるし言われるけどw」



「3つ前のアルバムの時撮ったアー写、亨さんとあなたさん向き合って笑ってるやつ。あれマジで付き合ってると思ってましたよ」



亨「あーね、あの写真はよく言われた。めっちゃ言われた、本当は付き合ってるんでしょ2人って」



「で、亨さんの片思いっすか?w」



亨「そうね、あなたは俺になんか興味無いからねw」



「付き合っちゃえばいいじゃないですかー」



亨「出会った当初めっちゃ可愛いかったなー天使だと思ってたわー今は足蹴にされてるけど。
外人の赤ちゃんかと思ったもん、今は足蹴にされてるけど。」


「どんだけ虐げられてるんっすかw」














あなた「……」



「久しぶり、あなた」



あなた「……久しぶり」



「俺達もこの後インタビューなの、ここで。だからしょうがないじゃん」



あなた「……」



「そんな顔しないでよ、…もうあなたを困らせたりしないからさ」



あなた「……」



「…ごめんね、あなた…」



あなた「…直人、」




「じゃあね」




あなた「ん…」