無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

152
2021/11/10

第30話

30
(Snowman佐久間大介&ENVYあなた駐車場キス)


阿「やるじゃーん」


康「これで世の中にお披露目できたな!堂々とできるやん」


佐「まー…そうだけど」


康「何ー復活したんやろ?ラブラブやん」



佐「ラブラブって言い方がやだなんかw」



阿「あなたさん家に住んでるの?前みたいに」



佐「それがさ、それよりもさ… あなたさんって言ってるけどさ…実は同い年って事がわかって…」


翔「え!!俺とタメってこと?」


深「俺ともタメってこと?!」



佐「……はい。」



翔「え、…色気半端ないね」



深「2.3個上かなーくらいにしか思ってなかった危な!」



阿「それでケンカしたの?まさか」



佐「いやケンカはしてない、ラブラブよ」



阿「はいはいw」











あなた「おかえり、…?どうしたの」



佐「ね、これ見た?」


あなた「あーこの前の駐車場のね、なんか私身乗り出してて恥ずかしいんだけどw」



佐「ギュ…前は、あなたの恋人は俺だっていいたくてたまらなかったけどいざ撮られると照れるね」



あなた「ん、なんか…この写真バカップルじゃない?w」


佐「チュ…ね、あなた引っ越して一緒に暮らさない?」



あなた「いいね、そうしよ」


佐「こんな広い部屋は無理だけど、2人で暮らそ」



あなた「○○荘、みたいなとこでもいいよ?大介がいればね」


佐「○○荘にベンツの四駆が止まってたら怪しいでしょw」


あなた「車売ろうかなーデカいだけで邪魔だし」



佐「ね、お腹すいた」



あなた「あ、ご飯作ったよ?食べよ」



佐「そして一緒にお風呂入ろ!」


あなた「…それはやだ、」



佐「えー…」