無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

328
2022/01/08

第7話

第五章 休日の過ごし方
食堂から出た後、ポケットからスマホを取り出して本丸の近侍もしくはこんのすけから連絡が来ていないか確認すると、初期刀の陸奥からスタ爆されていた。
授業中に鳴らないようマナーモードにしていたので気が付かなかったが……マナーモードにしていて良かった。
監督生(審神者)
監督生(審神者)
(海賊スタンプから途中鳥スタンプに変わってるし、こういう悪ノリするのは……鶴かな?)
余程退屈しているのだろう。早めに本丸に帰ってやらないと退屈過ぎて死んでしまうかもしれない。
まぁ、冗談だが。
グリム
グリム
あなた、何一人でスマホの画面見てニヤついてるんだ?気持ち悪いんだゾ
監督生(審神者)
監督生(審神者)
酷くない?
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
今に限った話じゃないだろグリム
監督生(審神者)
監督生(審神者)
ちょっと待ちなエース。どう意味かな?
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
嘘だから肩から手ぇ放してくれません?力入り過ぎだから!痛い痛い!
エースの肩に手を置き、力を込める。
デュースは止めるどころか「もっとやってやれあなた」とノッかってきた。
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
はぁ!?ちょっ、まじで勘弁して!
そんな風に悪ふざけをしていると、背後から微かに誰かの笑い声が聞こえた。
エペル・フェルミエ
エペル・フェルミエ
仲良いね三人共
ポムフィオーレ寮の寮生で、クラスは別だが同じ一年生のエペルがゆっくりと此方へ歩いてくる。
初対面での印象は、骨喰のように美少女タイプだな……とか思っていたが、本人には言えない。
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
何処をどう見たらそうなんだよ
エペル・フェルミエ
エペル・フェルミエ
今のこの状況、かな?
エースは変な所でツンデレだ。
一方で、デュースの方は自分から“マブダチ”と言ってくる程素直。
監督生(審神者)
監督生(審神者)
(一見、正反対の二人だけど……何処か似た者同士なんですよねぇ。まるで清光と安定みたいだ。色合いも似てるし)
エペル・フェルミエ
エペル・フェルミエ
そういえば、祝日もあってもうすぐ連休だけど、エースクン達予定はあるの?
監督生(審神者)
監督生(審神者)
(連休なんだ。カレンダー見てなかった。連休初日に帰れますかね)
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
特に予定はないけど……そうだ!
オンボロ寮で映画観ようぜ!
あなたはどうよ
監督生(審神者)
監督生(審神者)
……どんな映画?
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
やっぱホラーだろ!
グリム
グリム
げぇ……エース、そういう系好きすぎなんだゾ
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
特別好きってわけじゃねーけど、夜に部屋を真っ暗にして観るあの感じ堪んなくね?グリムとデュースがビビってんのも面白いし。怖いなら変えてやってもいーけど?
デュース・スペード
デュース・スペード
僕はビビってないぞ!
グリム
グリム
オレ様だって怖くねーんだぞ!
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
じゃあホラーで決定な。エペルは?
エペル・フェルミエ
エペル・フェルミエ
う、うん。僕も別に、良いよ
とか言うが、エペルも何だかんだでエース達からからかわれたくないのだろう。
監督生(審神者)
監督生(審神者)
(控えめそうな彼だけど、中はデュースと似たタイプだし。さて、僕も当日は“準備”しないとね)