無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

第23話
油断したすきに息を切らしていた男2人に両肩を
抑えられ壁に押し付けられた
やっちまった……
そう思った瞬間、応援が中に入ってきた

もちろん、お母さんを含む第一機動捜査体の皆が…
桔梗ゆずる
桔梗ゆずる
警察だ!手を挙げろ
陣場耕平
陣場耕平
わりぃあなた、遅くなったな
陣場さん…遅いよw
相手が、あとからきた警察に夢中になっているすきに私を抑えていた、男に回し蹴りをし、身動きがとれない状態にした
すかさず、私が捨てた銃を拾い、構えた
男C
クソッ
もうこれで………

あれ?たしか、男は5人組だったはず
でも、4人しかいない…
いない一人は拳銃を、持っていたはず…
まずい……
九重世人
九重世人
あなたさんっ後ろっ!
えっ?後ろ?なんかあるの?

振り向いた瞬間…………











バンッ




バンッ
1発目の銃声が聞こえたあと、1発目とは違う銃声が聞こえた
最初に撃った男が倒れてる…警察に撃たれたんだろう

じゃあ、倒れてる男が撃った相手は……















私?