無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

第13話
ガチャ
伊吹と志摩はノックをせずに部屋へ入って行った
ヤクザ 誰だ?てめぇら!
    ノックもしないで入ってきてよぉ!
    いい度胸してんなァ
数人のヤクザが、伊吹と志摩を囲む
志摩一未
志摩一未
警察だ
ヤクザ 警察ゥ?
    女将警察がなんの用だ?
伊吹藍
伊吹藍
この中に、強盗殺人の犯人らしき人がいるんだよね〜
ヤクザ 証拠はあんのかゴラァ
    
そう言って、ヤクザの人が伊吹の胸ぐらを掴む
すると、奥から、銀龍会の若頭わかがしららしき人物が現れる
若頭 やめろ 手ぇ出すな
ヤクザ スィヤセン
若頭 すみませんねぇ
   下っ端の教育がなってなくて
   で、警察がなんのようですか?
志摩一未
志摩一未
この中に強盗殺人事件の重要参考人がいるんですよ
若頭 証拠はあるんですか?
伊吹藍
伊吹藍
証拠?あるよ〜
だって、事務所の前に参考人が逃走に使った自転車が置いてあるんだもん
若頭 誰かがそこに乗り捨てたって可能性もあり
   ますよね?
志摩一未
志摩一未
いえ、その重要参考人にGPSをつけたんですよ
そのGPSがここを示しているんですよ
若頭 そのGPSの存在に気付いて捨てたんじゃない
   ですか?
若頭は断固否定し続ける

これ以上証拠がないのに問い続けるのはまずい

この中に、逃走した人物の顔もない






諦めかけたその時…
* ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ * ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ *