無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

第11話
現場
伊吹藍
伊吹藍
あっちゃー
こりゃ酷いね…
本件は、強盗殺人事件のため、現場は割れたガラスや、壊れた家具などで溢れかえっていた
伊吹が被害者の方へ進もうとすると…
志摩一未
志摩一未
伊吹、危ない
伊吹藍
伊吹藍
えっ?
伊吹は、危なく、割れたガラスの破片の上を歩こうとしていた


志摩に言われなかったら、伊吹は怪我していただろう
伊吹藍
伊吹藍
志摩ちゃんありがと〜




被害者は亡くなっている
志摩一未
志摩一未
部屋、暗いな
そう言って、カーテンを開ける



すると、こちらを不審にみる怪しい人物が、電信柱の陰に立っていた
志摩一未
志摩一未
伊吹、あれ
伊吹藍
伊吹藍
えっあっ逃げる!
そう言って、伊吹は現場を飛び出して怪しい人物を追いかけた
伊吹藍
伊吹藍
待てぇーコラァー
相手は途中、自転車を押して歩いていた女性を突き飛ばし自転車に乗って逃走した
女性 キャッ!
伊吹藍
伊吹藍
あ、大丈夫ですか?
女性 あっはい
伊吹藍
伊吹藍
やばい、逃げられる
相手は自転車のため、足の速い伊吹でも、追いつけない
伊吹藍
伊吹藍
あっ、そういえば…
伊吹はそう言って、ポケットから何かを取り出した
そして、逃走した人物の方へ投げる




その、何かはちょうど、帽子のついたパーカーを着ていた逃走者の帽子に入った((現実には多分ありえません
伊吹藍
伊吹藍
よっしゃぁ!
あとから、来た志摩が伊吹に話しかける
志摩一未
志摩一未
伊吹、逃げられたか?
伊吹藍
伊吹藍
うん
でも、大丈夫
志摩一未
志摩一未
は?
伊吹藍
伊吹藍
さっき、きょうちゃんから渡されたんだよね〜GPS
そう、あなたはもし、伊吹が、犯人を捕まえられなかったときに犯人に向かって投げてそう言って、GPS渡していたのだ
志摩一未
志摩一未
あなた、やるな
伊吹藍
伊吹藍
え〜投げて帽子に入った俺もすごいでしょ〜
志摩一未
志摩一未
(((無視
伊吹藍
伊吹藍
えっ〜無視〜志摩ちゃんひど〜い
志摩一未
志摩一未
(((無視
志摩一未
志摩一未
あなた、聞こえるか?
あなた

無線)うん、聞こえる

志摩一未
志摩一未
怪しい人物にGPSを伊吹が投げた
GPSの位置を教えてくれ
あなた

無線)了解



伊吹、ガチでやって入ったんだヤバ
あなた

無線)わかったよ えっとね、
   ○○町の3丁目〇〇交差点ちょっと
   通過したところ
   地図送っとく

志摩一未
志摩一未
ありがとう
伊吹藍
伊吹藍
きょうちゃん聞こえる?伊吹だよ〜
志摩一未
志摩一未
おい、伊吹、行くぞ
伊吹藍
伊吹藍
え〜
伊吹、勤務中なのに…
* ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ * ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ *

なんか、小説を読み返してたら、伊吹と志摩に敬語使ったりタメだったり…
ゴチャゴチャしてるので、タメで揃えます