無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第32話

タピオカ
あなたside

風磨と勝利さんがかえってきて


いろいろあったけど


タコパがはじまろうとしてます。😆


たこ焼き器を囲うように座ることになって


あたしはよく動くから


キッチンの近くがいいと主張しました。


健人)そんな、
みんなでさ、ワイワイやりたいだけだから
気使わなくていいよ、あなたもゆっくりする時間だよ


なんて言われちゃったら



あたしは、ありがたやぁ なんておもうことばかりで


正直、帰ってきてからの風磨と喧嘩っぽくなっちゃってからすこし、疲れを感じてたから

健くんの言葉に救われた気分でいる。


風磨といえば。


なんで、どうしてお仕事のことおしえてくれなかったのかな、なんてすこくおもってしまって、、

あたしにいえないことなのかなって深く考えるにつれてどんどんおちこんでしまって


健くんとお買い物行った帰りの時も

考えすぎて、、、


健くんに "どうかした?"って心配させてしまった。



風磨にもいろろあるんだよね?












たこ焼きを焼いてくれるのはふうまと健くんであたしは、聡ちゃんと勝利さん、マリちゃんとお話してた。



席順は

あたし 風磨
----------------
そうちゃん | たこ焼き | マリちゃん
-----------------
健くん 勝利さん

聡)あなたちゃんはなにがすきなの?
あなた)今はタピオカにはまってるかな~
マリウス)あのぷにぷにしてる餅みたいなのがジュースの中はいつてるやつだよね~ ?
勝利)美味しいの ?あれ?
あなた)おいしいんですよ!!
聡)おいしいよ!!
勝利)なんで聡しってんの?
聡)のんだことあるもん!ね?風磨くん
風磨)ぁあ 。
健人)菊池のんたことあるの?!
風磨)ちょうどそこにあったから
聡)ほんとは、あなたちゃんが飲んでたから飲んでみたかったんでしょーー?
風磨)そ、それをゆーーな、まっしま

あなた)そうなの?!!ッ



あたしは、よくタピオカを友達と買いに行って


飲みきれずにいえにもつてかえってくるのがほとんどで



いつも宣伝かのように "おいしいからのんでみて〜よー" と連発していたのをおもいだした。


でも、いつも帰ってくる答えはいっしょで


"おれ、甘いの好きじゃないんだって"


のリピートばっかり。



だから、あたし、風磨に宣伝するのやめたの。




でも、この話聞いてとっても嬉しかった。




あなたタピオカどおだった?

とよこにいる風磨に問いかけると

風磨)おいしかった。


あたし、なんだから嬉しくて嬉しくて




ニコニコしていたら、





健人)あなたニコニコ笑顔だね
うれしかった?


あたしは
あなた)うん!!


とこたえた♥
ふいに風磨が手を握ってくれたことはわすれない

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

菊池 萃香
菊池 萃香
🌷自己紹介🌷 ○名前○ 菊池 なつき ○学年○ JK 2 🌸 ○すき○ きくち ふうま 裙 (( セクシーゾーン 🥀 きし ゆうた 裙 ((キング & プリンス 👑 TWICE 🍭
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る