無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第37話

素直になれた 日
あなたside



朝 、 目が覚めて起きると


そこには 上半身裸の風磨がいた。


風磨)おはよ
あなた)おはよ。



風磨 は、いつものテンションよりすこし高いように感じた。


でも、あたしは、 あまり 気分が いいとはいえない。






そんなことをおもっていると

風磨はそれを感じたようで

風磨)あなた、どぉかした? 顔くらいけど ?

あたしは、いつものように

"ううん。なんにもないよ " とはぐらかそうとしたが


今日は、心が素直だった。

あなた)昨日、した でしょ。

風磨)うん。 もしかして、 痛かった ?

あなた)ううん。そうじゃないの。 少し痛かったけど‥ 。


あたし 、風磨と つりあってないっていうか 、 あたしなんかより、 他の もっと … なんていうか 、 、 大人な女性の方と いた方が幸せ だとおもう。




風磨)ん?なに いってるの ?




と、風磨は 眉間にしわせ寄せた。


あなた)だって、あたし、風磨より年下だし 、 経験人数 とかそーゆーの なくて 風磨ぐらいしかないから、行為やるにしても 上手くできなくて 風磨 を満たす事できなくて 、、 昨日も 攻められてばっかりで 攻めれないし 。 そんな日じゃ、 風磨がかわいそう 。だから、

風磨)いつ、 俺が かわいそう っていった?

あなた)え、

風磨)年下とか経験人数少なくて上手くできない とか 俺には 、 関係ない 。

おれは あなた がいいの 。


あなたが すきなの 。


だから、 つりあってない とか もっと、大人な女性の方が 似合う とかいわないで 。












と 風磨が だきよってきた。


昨日の夜からずっと 。あたしみたいな女なんて いつ捨てられてもおかしくない。ってかんがえてた。だから、 怖くて怖くて


今のうちに 自分から離れようと 考えてもみた。



けど、横で寝てる風磨の顔を見てると 、 どおしても はなれれなくて 。離れたくなくて









思い切っていってしまった。




いつもは、はぐらかすのに 今日は風磨に思っていたことを言えたのは



やっぱり 風磨が好きで 、



風磨なら、分かってくれると おもっていたからだとおもう。








風磨)あなたの初めては俺がぜっんぶもらうからね







とまた、キスをして "しよっか" となった 。







今度は 自分から攻める1日になりました。







シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

菊池 萃香
菊池 萃香
🌷自己紹介🌷 ○名前○ 菊池 なつき ○学年○ JK 2 🌸 ○すき○ きくち ふうま 裙 (( セクシーゾーン 🥀 きし ゆうた 裙 ((キング & プリンス 👑 TWICE 🍭
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る