無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

※恐怖の時間
あなたside




さっきまで酔いつぶれて



寝ていたけんくんも目覚め




静まり返ったよるの9時










ふうまの言葉からある意味 "恐怖の時間" がはじまった。






















風磨)もぉ、夜も遅いし 中島泊まってけよ


まてよっておもった。お客さんがいるときでさえこたつの下で手を繋いできたんだよ、そんなふうまが夜 なにもしてこないはずがない。だから、あたしは、ひっしに抵抗した


あなた)ふま、なにいってるの!
けんくんにだってよていがあるu‥


でも、それはむだだったらしく、、

健人)あしたは、仕事ないからだいじょうぶ
風磨)なんなら、明日もゆっくりして帰ればいいし

あなた)で、でも、寝る場所とかないじゃん !!
風磨)リビングとかに敷き布団ひけば、寝れるだろ なぁ、中島
健人)まぁ、布団があればどこでも寝れる。

風磨)なにあなた、一緒にベットで寝ると思ってたのッ
えっちだなぁ~あなたちゃんは


菊池さん、ドエススイッチが入ってしまいました。

このスイッチが入ってしまったらあたしはなにも言い返すことが出来ません。


そんなふうまに乗っかってくるのがけんくんだった。

健人)あなた、会ってないうちに変態になっちゃったのぉ~ ??笑笑

あなた)わかった、わかったってばぁ
けんくんほんとに、敷き布団でだいじょうぶ?

健人)ベットに一緒に寝てもいいんだよ?笑笑
風磨)それはダメ。 あなたはおれのだから。


こういうところだけ、男になるのは ずるいです 。



健人)はいはい笑笑







~ ピロロン ~



~ おふろがわきました ~



あなた)けんくん、おふろ先はいっていいよ!
健人)おう!じゃあ、かりまーす
あなた)きがえのふく、風磨に借りるから
健人)サンキュー菊池
風磨)おれのかよー
あなた)ほかに誰がいるっていうの笑
脱衣所に置いておくね、けんくん
健人)おう、




といってリビングをあとにした






さっきまでええーー と言っていたふうまだけど、ちゃんとTシャツを 貸してくれるところがふうまの優しいところなんだよね




脱衣所で "ふくおいとくね~ " とだけいってあたしはリビングでテレビを見ながらゆったりとしていた。




すると、ばっ とあたしの座っているソファーに座ってきて


" つかまえた "

と 。


絶対なにかおこる。 そんな予感しかしませんでしたが。


おこってたことは 、 、 、













たくさんのいいね ありがとうございます!

今回 たくさんの方がいいねしてくれたので、もう1作を投稿しようとおもいます!!

これからもたくさんのいいね おまちしてます。



リクエストありましたら、コメント おねがいします! お話の中にいれたいとかんがえています!!

まっていまぁーす!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

菊池 萃香
菊池 萃香
🌷自己紹介🌷 ○名前○ 菊池 なつき ○学年○ JK 2 🌸 ○すき○ きくち ふうま 裙 (( セクシーゾーン 🥀 きし ゆうた 裙 ((キング & プリンス 👑 TWICE 🍭
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る