無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

恐怖の時間
あなたside










時間は










夜遅くなり











外は知らない間に













真っ暗になっていた。















パーティーにあそびにきてくれたお客さんはみんな帰り始めた時間だった










" おじゃましました~ "





という声は 一瞬にして





重なり







賑やかだった 部屋が 一瞬にして静まり すこし、寂しく感じた











そんな時、





風磨)やべぇ 笑笑
あなた)ふま、どぉしたの、?



とようすを伺おうとそこには



ぐったりとしたけんくんの姿が



驚いてきすぎて一瞬体が動かなくなったことを一生忘れないだろう















あたしはけんくんに駆け寄った
あなた)けんくん!!!!

と、声をかけても

健人) ……

反応がない

あなた)けんくん、、!!

風磨)落ち着け、
酔いすぎて、ぐったりしてるだけだよ

すこし、寝かせたら良くなるから。

あなた) しんでないなら、 良かった

と、涙をふきとった。

風磨)中島帰れそうにないな、



と、ふうまの軽い 言葉からはじまった 恐怖の一日 。










その意味を知るのは












あと、数時間で起きるとは



あたしは思ってもなかった
















シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

菊池 萃香
菊池 萃香
🌷自己紹介🌷 ○名前○ 菊池 なつき ○学年○ JK 2 🌸 ○すき○ きくち ふうま 裙 (( セクシーゾーン 🥀 きし ゆうた 裙 ((キング & プリンス 👑 TWICE 🍭
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る