無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

なにがほしいの?
あなたside



11時すぎ
















かんぱーい ッ

家の中で たくさんの声がひとつになった。


あたしが呼んだ友達から風磨が呼んでくれた友達までたくさんのお客さんが集まった


それはもぅ、幅広い世代があつまっていた。




健人)おめでとッ あなた!あと、ふうたん♡
あなた)ありがとう!けんくん ふうたんって笑笑
風磨)ふうたんはやめれる ?笑笑


みんな)ハッハッハー

由美_ゆみ_)あなた、おめでと! かっこいい彼氏とであえてよかったね~
愛花_あいか_)そうだよ~ あたしにいい人しょうかいしてよ~
あなた)ふふ、もちろんだよ!! ふたりがいたからふうまといっしょにいられてるんだもん!
愛花)今日は、あなたが主役だから、全力め盛り上げるからすてきな1日にしてね♥
由美)そうだよ~"本日の主役"ってやつ~ !笑笑
あなた)ありがとう~ふたりとも~♡

3人でだきあったんだよね♡




そしたら、

風磨)なぁぁにやってるの~ 笑笑
きし、きし 〜
優太)ふうまくん!! どうしました?!
風磨)あの3人の中にはいってこいッ 笑笑

いたずらっ子みたいな笑顔であたしたちのほうみていってくるの


あなた)ちょっとふうま~ !!きこえてるよ~

由美と愛花も 笑ってた

優太)ふうまくん !!いけないっすねッ
風磨)真ん中にはいってこい 笑笑


あたしたちの間に しつれいしまぁす っていいながらきた。

ふまになにも文句言わずしたがってる岸くんがかわいくて 思わずかわいいって言っちゃった。




この言葉からふうまが一変するとは思ってもなかった 。





ふうまままとままが作ってくれた手料理や、風磨が手配してくれた美味しそうなケーキや大人の人が飲みそうなお酒、シャンパンなど机いっぱいに広がっていて、この時パーティーなんだと実感がわいた。


準備が出来てそれぞれ好きなところに座ることになった。


あたしの右隣にはふうまがいて
その正面には健人くんがいる。








いただきまぁーす!!

あなた)この時間がいちばんたのしみだった~♡
風磨)太るぞ、笑笑

あたしは、頬をふくらました

健人)あなたたくさんたべればいいんだよ
あなたはあなたなんだから
風磨)中島あなたを口説こうとするのやめてもらえる?笑笑
健人)あ、ばれた ?
風磨)ばればれです


あなた)おにくたーべよ
ん~おいひ
ふうま、おいしいよ!
風磨)まじ!いただきます
うんま

あなたうんうん♡

サラダほしくてとろうとしたら、

風磨)なにがほしいの?
あなた)サラダほしいの
風磨)取ってやるよ、お皿貸して
あなた)ありがとう




ふうまが男前ってことはだれよりもしってる。






だけど、 ナチュラルに男前なところみせられなら、もっと





ほれちゃうよ













もっとすきになった一瞬であり、






あたししかしらない一面をしれて嬉しく感じた一瞬だった





シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

菊池 萃香
菊池 萃香
🌷自己紹介🌷 ○名前○ 菊池 なつき ○学年○ JK 2 🌸 ○すき○ きくち ふうま 裙 (( セクシーゾーン 🥀 きし ゆうた 裙 ((キング & プリンス 👑 TWICE 🍭
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る