無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

嫉妬 ってやつですか 。
      ピンポーン   。


俺が企画した 一年記念日の会 (俺たちの間では、通称:パーティー と訳されてる笑 )がはじまろうとしてる。


風磨)あなた、だれかきたみたいだから、見てみてくんね?
あなた)わかったッ

俺の顔を見てすこし、頬を赤くしながら彼女はいった。
なんでかっていうと 、 、 、





























(朝のこと)
朝からキスをしてた 。

朝早くからおきてーってあなたにいわれて、
今日パーティーがあることはわかっていた。

でも、頬を膨らましながら、一生懸命おこそうとしてるあなたが愛おしくてつい、意地悪をしてしまった。


その結果 キスをしてしまった ってわけ。


この "事件" がおきたのは2時間前なのに、

まぁだ、今起きたかのように頬をあかくするなんて、なんてかわいいんだ

と、自分があなたの事もっと惚れているのを感じた。












あなた)お客さん 第1号きたよ~ はいってはいって~

健人)おっじゃましまぁ~す
風磨)中島だったのか、第1号 とやら客は笑
健人)そうだぞー笑笑 貴重な第1号の座を俺がゲットしたから、だれにもわたさないから!!笑
風磨)笑笑 いらねーよ笑笑





ほんとに、パーティーのお客だったのか、
と驚いたけど、

もっと驚きというか疑問に思ったことがあった。



中島にすごく、タメ口なノリであたかも友達のようにはなしてる。



あなた)こんな感じでまた、会えるなんてびっくりだよ~




ん? どゆことだ 、

健人)俺もびっくり笑笑 何年ぶり?
あなた)6年ぶり ぐらいかな?けんくんと会うの


けんくん 。?!

健人)そんなたつんだ、 あの頃から


風磨)えーっと、??

あなた)あ、ふうまあのね、あたしがちっちゃい頃に遊んでくれれたお兄ちゃんの けんくん
風磨)いや、中島のことは知ってるよ
俺が中島を招待したからッ
あなた)あ、そうなの?! てっきりふうま 知ってるかと思ってた。けんくんとの関係

"けんくんとの関係" ってちょっとエロく聞こえるのはおれだけ、、か?笑
ほんと、俺って 変態 だよな笑 自分でもおもうってどんだけだよ笑

風磨)中島が遊んでくれれたって言ってたけど、親同士がしりあいだった、とか?
あなた)前住んでたおうちが隣だったの
だから、お母さんとか忙しい時とかいっしょに遊んでくれたり、お泊まりしたりしたよね~
健人)そうだったね!
鬼ごっことかいっしょにしたもんね!





あなたと中島の話聞いてる感じでは昔話かもしれないけど、おれの知ってる中島は、何もしないでいっしょにいられるとはおもわえ。だって、2人でねてんだぞ 、中島がなにもしねぇはずがない 。




なぜかかわかんねぇけど、 なんか その
胸がいたい。

昔話といっても、、、 いやなものはいやだ。



なさけねぇな、おれ




あなたのことになると余裕がない 。
















心臓病だったりして、、。笑

































これが 嫉妬 って やつですか 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

菊池 萃香
菊池 萃香
🌷自己紹介🌷 ○名前○ 菊池 なつき ○学年○ JK 2 🌸 ○すき○ きくち ふうま 裙 (( セクシーゾーン 🥀 きし ゆうた 裙 ((キング & プリンス 👑 TWICE 🍭
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る