無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

しよ ?
あなたside






" もぉ、12時だぞ。 さっさとねるぞ。 " っていわれて




いっしょの布団で寝ているけれど





ふうまと一言も話してない。







背中と背中で お互いそっぽをむいている。









聞こえるのは






隣のリビングで寝ているけんくんの寝息だけだった。








ふうまは寝ている感じがしなかった。









あなた)ふうま、、?

風磨) ………ん 、。なに。



…まだ、ねてなかったのかよ。

あなた)うん。勘違いされてるのに、そのままにできないもん。

風磨)…

あなた)ふうま、、ごめんね。
あたしが気を抜かなかったらこんなことになってなかったのに、、
風磨)おれもごめん。冷たい態度とった。
あなた)もぉ、こんなこと絶対おきないようにする。


ふうまの悲しい顔。もぉ、みたくないから。






と、いうとふうまと向き合う形になった。

風磨)ありがとう。






抱きしめてくれた。


これ以上にないしあわせを感じた。












風磨)あなた、突然かもしれないけど






しよ ?







シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

菊池 萃香
菊池 萃香
🌷自己紹介🌷 ○名前○ 菊池 なつき ○学年○ JK 2 🌸 ○すき○ きくち ふうま 裙 (( セクシーゾーン 🥀 きし ゆうた 裙 ((キング & プリンス 👑 TWICE 🍭
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る