無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

興奮してきたんだけど 笑





中島が急に "いっそあなたが彼女になってくれてもいいんだよ?"




なんていうから





























ざわざわしていた 食事も終わってそれぞれの時間を過ごしていたとき、


中島はそんなことを言い出した。



あいつが相当よっていることは とおくからいてもわかる。



だけど、、、



意識がない ってわかってても






いやなんだよ、



あなたが中島にとられるかとおもうと。


中島だけじゃなくて、ほかの男にとられるって事自体がむり。





どうしたら、あなたを俺のものだけにさせるか、かんがえたら、、、


俺があなたをはなさなきゃいいんだっておもって



おれは あなたの手を握った。


そしたら、あなた いままでにないぐらい顔真っ赤にしてるんだよ




かわいすぎんか 。



いますぐに襲いたい。



くまさん になるのは みんながいなくなってからにしよう。













おれと手をばれないように繋いでることにどきどきしているのか、



お菓子を食べようとしてる手がふるえてるんだよ






そんな、あなたをみたら、いじわるしたくなって、、



風磨)あなた、おれにも食べさせて 。

というと、大きな瞳を見開いて驚いている。


おもしろすぎだ笑笑


あなた)自分で食べれるでしょ
風磨)だって、今 手繋いでe‥
あなた)ぁあ"〜!!! わ、わかった!わかったから !!
健人) ん~ ??あなたどした ?!


おれはあなたのみみもとで

"ほら、中島にバレちゃうよ、手繋いでること 笑"
っていうと

あなた)あ、あ、なにもないよ けんくん

と、ひっしにばれないようにしてる。




しょうがなく、はいって ふつーに渡すだけだったから

風磨)手つかえないから

口ん中いれてと 顎で合図すると

しぶしぶ



あなた)ふま はい

風磨)ありがとう






あなた 、




" こうふんしてきたんだけど 笑 "






なんてあなたにいってみた 笑笑

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

菊池 萃香
菊池 萃香
🌷自己紹介🌷 ○名前○ 菊池 なつき ○学年○ JK 2 🌸 ○すき○ きくち ふうま 裙 (( セクシーゾーン 🥀 きし ゆうた 裙 ((キング & プリンス 👑 TWICE 🍭
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る