無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

※恐怖の時間
おれは  ソファーにすわっているあなたを抱きしめて

"つかまえた"

なんていってみた 。

すると、あなたはすごく驚いていてそれすらも愛おしく感じた。


ガマンできなかった。





だから、





つい







風磨)あなた、ちゅうしよ?




なんていっちゃった





あなた)なにいってるの~!けんくんいるんだよ?
風磨)まだ、出てこないから



チュッ と軽いキスをした



あなたが顔を真っ赤にして俺の顔を見るから



止められなくなって









何度もなんどもキスをした。








しかも回数が増すごとに深くなっていく。

















そんな絶好調の時、


健人)あなた〜、シャンプーってどれ使っていいの~ ??



と。



あなた)風磨、おりて、けんくんのところ行かなくちゃ


風磨)もぉ、ちょっとだけ、、、



あなた)いたっ なにしたの ??!

風磨)そんな事より中島呼んでるんじゃねぇの 笑




あなたは、中島んとこいった 。















あなた、鏡で自分の顔見たらおどろくだろうなぁ 笑





















あなたは、おれんのだ

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

菊池 萃香
菊池 萃香
🌷自己紹介🌷 ○名前○ 菊池 なつき ○学年○ JK 2 🌸 ○すき○ きくち ふうま 裙 (( セクシーゾーン 🥀 きし ゆうた 裙 ((キング & プリンス 👑 TWICE 🍭
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る