無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

まるで子供みたい…
196
2021/12/02 09:41
貴方
貴方
ホ、ホテル…?
淳太
淳太
い、いや…忘れて…
貴方
貴方
いえ、忘れることなんて出来ません。
淳太くんとの思いで作りたいです。
行きましょ…ホテル
思いがけない彼女の反応に声が出なかった
嫌がられるかと思った
貴方
貴方
淳太くん?
淳太
淳太
ごめん。
嫌われると思っから
安心して声が出らんかった…
貴方
貴方
そっかそっか(*^^*)
行きましょうか✋
淳太
淳太
うん、((手握る
ーーーーーーーーホテルーーーーーーーーー
淳太
淳太
ん、着いたで
貴方
貴方
ここのホテルって?
そう今いるのは俺のホテル。
俺はここの社長で予約なんて取らなくても直ぐに泊まることが出来る。
淳太
淳太
そ、俺のホテル
貴方
貴方
す、すごい
淳太
淳太
なんかいった?
貴方
貴方
いや、何も
淳太
淳太
じゃ、行こか(*^^*)
ーーーーーーーー部屋ーーーーーーーーー
貴方
貴方
わぁ広い⸜(*ˊᗜˋ*)⸝
淳太
淳太
ここか最高級の部屋だよ笑
貴方
貴方
じゃこの部屋高いのでは?
淳太
淳太
ざっと10万くらい
貴方
貴方
10万?!
そんな高いところ勿体ないです。
私なんかに…
淳太
淳太
そんなことないで?
貴方
貴方
そうだ、会社に忘れもn…((ギュ
まるで子供みたいな嘘をつく君をそっと引き寄せ"嘘つきめ"と抱きしめる