無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

何も言わないで…
182
2021/12/29 08:57
俺は優しく君を抱き上げるとベットに少しは乱暴におき小さなキスを交わす
貴方
貴方
ん…///
小さな声を漏らすあなたが可愛くて、キスを重ねるごとにだんだんと深いものになっていく。
貴方
貴方
じゅ…んたく…んッ…///息、できない…///
苦しそうに、でもまだキスを求めているような顔に俺も声が出てしまう。
淳太
淳太
可愛ええ笑
少し照れるあなたの服を少しずつぬがしブラも外す
貴方
貴方
恥ずかしい///
手で顔を覆うあなたは恥ずかしそうに呟いた
貴方
貴方
淳太くんの…ほしぃ、///
俺のあれはさっきからビンビンにたって1秒でも早くあなたと繋がりたい。
その事しか頭にない。
改めて俺って変態やな笑
淳太
淳太
下グチョグチョやんか笑((ズブッ
貴方
貴方
あッ…///
小さく喘ぐあなたを見る度に興奮して腰が動く
貴方
貴方
あッ…そこッだめぇ…///
俺はあなたの弱い所を見つけるとピンポイントで突く
貴方
貴方
むりぃ…///ぎもぢぃよぉ…///逝きそぉ…///
あなたの中はぎゅうぎゅうに締め付けられて俺も限界を迎えそうだった
淳太
淳太
んッ…///あなた締めんなッ…///
そんなこと言ってる間にもあなたは俺より先に逝ってて腰をビクビクさせている。
俺も限界を迎えあなたのお腹に欲を出した。












あなたは俺に抱きつき耳元で囁いた
貴方
貴方
淳太くん愛してr…((チュ
あなたが言い終える前に俺はキスで言わせなかった。
淳太
淳太
あなた…それ以上言わないで…










この気持ちがバレてしまうから








































期待してしまうから…








❤×4で更新