無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

苦いコーヒー飲めないくせに…
199
2021/11/22 09:41
カランカラン
定員
定員
いらっしゃいませ!
2名様ですか?
淳太
淳太
あっはい
定員
定員
あちらの席どうぞ
あのあと…









淳太
淳太
よろしければ今日もどうですか?
貴方
貴方
そうですね。
行きましょうか
俺は彼女をお茶に誘うのに成功して2人でよく行く行きつけのカフェに入った
貴方
貴方
淳太くんきまりました?
淳太
淳太
えぇ、俺は。
いつものコーヒーです。
貴方
貴方
では、私もそれで(*´˘`*)
苦いコーヒー飲めないくせに「私もそれで」と笑う君に思わず笑みがこぼれる。
俺たちはよくこの店に来て話をする。

何を話すかっていうと悪いことも良いことも全部。
会社であった出来事や最近あった辛いこと、勿論お互いの家庭の話も…
貴方
貴方
そんなことで今日は大変だったんです。
淳太
淳太
そうだったんですね
お互い沢山今日の話をしているうちに時間はあっという間にすぎてふと時計を見てみると11時30分過ぎ。

ラストオーダーなんかとっくに終わっててあと15分で閉店だって言われて慌ててお会計して店を出た。
淳太
淳太
今日はどうやって帰るんですか?
貴方
貴方
そうですね…今からでは終電に間に合わないと思うので歩きです。
淳太
淳太
家の近くまで送りましょう。
貴方
貴方
とんでもない。大丈夫ですよ^^*
今日こそ俺は勇気を出して言ってみる
淳太
淳太
なぁ、あなた、ホテル行かない?









❤×5で更新