無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

嫌なこと
「好き好き好き好き好き好き」
「今日はいつにも増してやばいな。」
「嫌なことがあったの。だから充電。」
私はすぎにゃんの背中に頬ずりをしながら話す。
ついでにすぎにゃんの匂いを嗅ぐ。
「嫌なことって?」
「…言わないもん」
「ふーん…ならこーだ!」
すぎにゃんがいきなり、私のほっぺをムギューと引っ張る。
「ふぁひふふほー(何するのー)」
「…可愛い…(ボソッ)」
「ひぃふぁふぁふぁへー?(今なんてー?)」
またいきなり、すぎにゃんが私のほっぺを離す。
「なわけあるか、ブス!」
そして走って逃げられた。
ツンデレメガネめ。

嫌なことっていうのは
まあすぎにゃんに関することで
同じクラスの子が
「杉浦くんってかっこいいよね〜」
って言ったからヤキモチ妬いてただけ。

いや…それだけじゃないかも…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

みるくせーき
みるくせーき
中2女子🌸 ほぼひらめき笑笑 投稿ペース、遅かったり早かったりしますがご勘弁を… 誤字脱字・疑問点等ありましたら、コメントの方でお願いします!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る